お役立ち情報

Vポイントアプリとは?メリットは?使い方(使い道)やチャージ方法もチェック!

三井住友カードが提供するスマートフォンアプリ「Vポイント」を使っていますか?

 

読者
読者
Vポイントって何?使い道は?

Vポイントアプリってどう使う?

と思っている方が多いのではないでしょうか。

ここではVポイントアプリについて、使い方やチャージする方法などをご紹介します。

本気で稼ぎたい方におすすめのポイントサイト!まず月5万円を稼ごう! 【楽して稼ぐ】ポイ活に人気のおすすめお小遣いサイトランキング!【2022年最新版】

Vポイントとは?

Vポイントは、三井住友カードや三井住友銀行を利用すると貯まることができ、SMBCグループ共通のポイントです。

1​ポイント=1円で、VISAが使えるお店で利用できます。

Vポイントの貯め方

  • 三井住友カードを利用する
  • 三井住友銀行を利用する
  • Vポイントアプリのプリペイドカードを利用する
  • ポイントサイトでVポイントへ交換する

という4つの貯め方があります。

「Vポイント」アプリはバーチャルカード

Vポイントアプリは三井住友カードが提供するKyashや6gramのような国際ブランド付きのバーチャルカードです。

プラスチックカードは発行しませんが、アプリ内に Visa のバーチャルプリペイドカードを発行し、Vポイントや、クレジットカード、銀行口座などからチャージした残高で、Apple Pay(iD加盟店)または Google Pay(Visaのタッチ決済加盟店)で支払うことができます。

バーチャルプリペイドカードなので、Visa に対応しているネットショッピングでもご利用いただけます。

Vポイントアプリの詳細:

申し込み条件

年齢制限なし。誰でも

発行手数料・年会費

無料

チャージ方法

  • Vポイント
  • Vポイントギフト
  • クレジットカード・デビットカード・ブランドプリペイド
  • 銀行Pay

三井住友カード/VJA発行のクレジットカード、SMBCファイナンスサービス株式会社発行のVisa、Mastercard、SMBCデビット(Visa)のチャージは無料。その他のカードのチャージは手数料204円(税込)。

チャージ限度額

  • 本人確認前:3−5万円
  • 本人確認後:30万円

ポイント還元

0.25%(残高へのキャッシュバック)

3Dセキュア

なし

スマホ連携

Apple Pay(iD) / Google Pay(Visaのタッチ決済)

「Vポイント」残高の有効期限について

Vポイントアプリにチャージするとプリペイドカードで使える金額は「Vポイント残高」と言います。

「Vポイント残高」に保持できる金額の上限は「30万円」です。

「Vポイント」の残高は有効期限があります。有効期限は、アプリの初回登録から5年間です。

なお、有効期限月を含む12カ月前から有効期限前月の25日までにご利用もしくはチャージした場合は、自動的に有効期限が更新されます。

有効期限の確認方法:

  1. アプリのホーム画面右上「メニュー」アイコンをタップ
  2. 「カード情報」をタップして確認できます。

Vポイントアプリのメリット

三井住友カードがVポイントの使い勝手を上げるために2020年2月に「Vポイントアプリ」を始めました。

貯まったVポイントを即時チャージして、ネットショッピングや買い物に利用できます。

またVポイントは他のポイントからの交換も可能です。

Vポイントに交換できる他社ポイント

 

他社のポイント

交換レート

交換スケジュール

Gポイント

500G⇒500Vポイント

即時交換

PeXポイント

1,000PeXポイント⇒100Vポイント

お申し込みの翌月下旬ごろ

カテエネポイント

100ポイント⇒100Vポイント

お申し込みの翌月下旬ごろ

RealPayリアル

50リアル⇒5Vポイント

お申し込みの翌月下旬ごろ

様々なポイントサイトなどのポイントをVポイントにまとめて、買い物で便利に利用するのに良いかなと思います。

「Vポイント」アプリの還元率は0.25%

「Vポイント」アプリで支払った金額の0.25%分が自動的に残高へチャージされます。毎月1日~月末までのご利用金額を集計し、翌月10日頃に0.25%分をチャージします。

【使い道】Vポイントアプリの使い方

Vポイントアプリは、登録すると即時にカード番号が発行され、Visaブランドのバーチャルカードとしてネットショッピングで利用可能です。

また、Apple Pay、または、Google Payに登録することで、iD、または、Visaのタッチ決済として実店舗での決済にも利用できます。

電子マネーのiDとして利用

VポイントアプリをApple Payに登録することで、電子マネーのiDとして利用可能です。

利用する際に、「iDで」と店員に伝えてスマホをリーダーにかざすだけでOK。

Visaのタッチ決済として利用

VポイントアプリをGoogle Payに登録することで、Visaのタッチ決済として利用可能です。

利用する際に、「Visaで」と店員に伝えてスマホをリーダーにかざすだけでOK。

ネットショッピングで利用

アプリからカード番号を確認して、国際ブランドのVisaが使えるお店なら(一部サブスクリプションサービスなどを除いて)基本的には使えます。

ネットショッピングで「Vポイント残高」を利用する場合、Visaカードでの決済になります。

Vポイント残高を利用した決済をするときに入力する「カード名義人」は以下のとおり:

カード名義人入力する方法:

  • カナ入力の場合: ブイポイント メンバー
  • 姓名分けて入力の場合:姓 VPOINT  名MEMBER
  • 姓と名の間にスペース入力する場合: VPOINT MEMBER

Vポイント残高をSuicaにチャージして利用

Vポイント残高は、GooglePayに追加したVポイントプリペイドカードから、GooglePayに追加したモバイルSuicaへチャージできます。

モバイルSuicaにチャージすれば、Vポイントを交通費として利用したり、コンビニなどで気軽に利用することもできるので、より汎用性が高くなりますね。

チャージは、1回で500円〜10,000円の金額から選んでチャージすることができます。モバイルSuica残高にチャージしておけるのは、最大で20,000円までとなっています。

Vポイント残高を6gramにチャージして利用

2021年6月8日にVisaブランドの「6gramリアルカード」を発行開始しました。

このカードを発行すれば、Vポイント残高を6gramにチャージして、間接的にVisaカード払いで使うことができます。物理カード必須店舗でもOKです。

街ではVisa払い決済ができるようになるので、Vポイントの汎用性が増しますね。

PayPayに登録して利用

VポイントアプリのバーチャルカードはPayPayでクレカ払いは可能です!

Vポイントアプリは3Dセキュアがないので、月に5000円までという利用限度額があります。5000円までならPayPayの加盟店で利用できます。

特にAndroidの方は、Visaタッチ決済加盟店が少ないので、この方法で残高を利用するのがおすすめです。

Vポイントアプリへのチャージ方法

Vポイントアプリで使えるVポイント残高へのチャージ方法は主に4種類

  • 貯まったVポイントでチャージ
  • 三井住友銀行からチャージ
  • クレジットカード・デビットカード・ブランドプリペイド(Visa / Mastercard)からチャージ
  • Vポイントギフトでチャージ

貯まったVポイントでチャージ

クレジットカードなどで貯めたVポイントを、残高チャージしてお支払いに利用できます。手数料無料です。

Vポイントアプリでは「Vポイントを移行」という形で1ポイント=1円でチャージをすることができます。

本人未確認の場合は1回のポイント移行の上限は30,000ポイントとなっています。

三井住友銀行からチャージ

Vポイントアプリは三井住友銀行口座からチャージをすることができます。三井住友銀行の銀行口座以外からのチャージは対応していません。

利用には本人確認が必須です。1回最低500円から、最大5万円までチャージできます。

手数料無料です。

クレジットカード・デビットカード・ブランドプリペイド(Visa / Mastercard)からチャージ

VポイントアプリはVisa、Mastercardブランドの各種カードからチャージをすることが可能です。3Dセキュアが必要です。

三井住友カード含むVJAグループ各社、SMBCファイナンスサービス発行のVisa、Mastercardブランドのカード、SMBCデビットからのチャージは無料で、それ以外なら、手数料が204円(税込)かかります。

「Vポイントギフト」からチャージ

「Vポイントギフト」は、「Vポイント」アプリの残高にチャージいただけるギフトコードです。

QRコード、コード番号を入力することでチャージが完了します。