d払い残高が足りないとき、現金と併用できるの?使い切る方法もチェック!

d払いはdポイントが簡単に貯められるし、利用できるお店も多くて、とても便利です。

しかし、d払い残高が足りない場合、現金と併用することは可能でしょうか?また、チャージしたd払い残高を使い切る方法も気になりますね。

そこで今回はd払いと現金が併用できるお店やd払い残高をキレイに使い切る方法を解説したいと思います。

 

気軽に始められる副業!稼げるポイントサイトを本気で厳選!

d払い残高が足りなくて現金と併用できるの?

実はチェーン展開されているお店は本社が価格やレジシステムを管理しているため、複数の支払い方法の併用はできない場合は多いです。

例えば、d払いを利用する機会が最も多いコンビニやスーパーといったチェーン店では基本的にd払いと現金の併用はできません。

しかし家電量販店やパソコンショップではd払いと現金の併用OKのところが結構あるようです。

ツイッターでビックカメラやドラッグストアなどでd払いと現金が併用できたという声があります。

また、中小企業や個人経営のお店ではd払いと現金併用OKなお店が多いようです。

現金併用できるかが分からない時は、店員さんに一応聞いてみると良いと思います。

d払い残高を使い切る方法

dポイントカードと併用することでd払い残高を使い切る

d払いはdポイントと併用することができます。

dポイントが貯まっている人は、モバイルdポイントカードとd払いを併用することでd払い残高を買い物で使い切れます。

家族や友人に送金して使い切る

d払い残高は、d払いアプリで他のドコモ回線宛に送金することができます。

d払いアプリの「送金」をタップして、相手のd払い口座番号もしくはQRコードを読み取るだけで送金できます。

1円からできます、しかも手数料無料です。

併用可能店舗で使い切る

d払い残高と現金が併用できるお店はビックカメラ(全店舗ではない)ドラッグストア、中小企業や個人経営のお店があります。

d払い残高を使い切りたい人は事前に店舗に確認の上で、お買い物で使い切りましょう。

郵便局で使い切る

郵便局では近年、積極的にキャッシュレス対応を進めています。支払い方法はクレジットカードをはじめ、電子マネー・交通系IC・スマホ決済(コード決済)が網羅されています。

郵便局でd払いも利用できます。

郵便局の切手は1円〜、しかも1円単位で購入できるので、切手を購入することでキレイに使い切ることが出来ます。

最後に

d払いと現金の併用できるところが結構あります。d払い残高が足りないとき、店員さんに一応聞いてみると良いでしょう。

またd払い残高は買い物以外の使い切る方法もあるため、思ったより簡単です。

 

気軽に始められる副業!稼げるポイントサイトを本気で厳選!