7pay(セブンペイ)評判とは?nanacoとの違いは?公共料金や税金の支払いはどうなるの?

2019年7月1日からセブンイレブンで「7pay(セブンペイ)」というスマホ決済サービスが導入される予定です。世の中に「○○Pay(ペイ)」がまた増えました!

これまでセブンイレブンではnanaco(ナナコ)ポイントを使っていましたが、セブンペイとの違いは?

更に節約家の方が最も気になっているのは「セブンペイ登場で公共料金や税金などは支払えるのか?」

セブンペイとは?評判は?

「7pay(セブンペイ)」はセブンイレブンで使えるスマホ決済サービスですね。

「セブンアプリ」を持っている人は、アプリ内にセブンペイ登録のバナーがあります、「規約に同意」して「はじめる」だけで、使うことができるようになります。

7月からnanacoの還元率が200円で1ポイントと半減されます。

セブンペイでの支払いだと200円ごとにnanaco1ポイントが貯まりますが、サービス開始当初は期間限定でnanacoポイントが2倍貯まります。

ショボイですね。

7pay(セブンペイ)とnanacoとの違いは?

ご存知のように、「nanaco」は非接触型電子マネーに対して、7payではバーコードを読み取るタイプのものです。

nanacoは7payのサービス開始と同時に還元率が引き下げられるので、これからサービスが縮小していく可能性が高いです。

一方、7payは加盟店や他の会社にも広がっていくことが予想されています。

7pay(セブンペイ)で、公共料金や税金の支払いはできるの?

これは最も関心事ですね。結論から先に言いますと、(セブンイレブンのスタッフのブログによる

セブンペイでは公共料金や税金等は支払えません。

残念です!

セブンペイのチャージは「レジ」「クレジットカード」「デビットカード」「セブン銀行」「nanacoポイント」からが可能です。

クレジットカードとひもづけはできるのですが、公共料金の支払いができないので、税金対策には利用できないんです。

ですが、nanacoの支払いは現状のままです。

ただし、それはあくまで「現状の予定」なので、今後、覆る可能性がまったくないわけではないみたい。スマホ決済が軌道に乗れば、nanacoカード自体がなくなって、セブンペイでも公共料金支払いできるようになるかもしれません!

多くの人が税金、公共料金支払いの節約の対策として、nanacoを使っていますが、このサービスは絶対なくさないでほしいですね!!

最後に

セブンイレブンで7月1日から同時に他社のスマホ決済にも対応して、「PayPay」「LINE Pay」「メルペイ」「アリペイ」「WeChat Pay」が次々と使用可能になります。

スマホ決済、QRコード決済がますます便利になっていますね。