お役立ち情報

1K・10K・1Mってお金の表記はいくら?SNSで使用される「K単位」数字の意味は?

TikTokやツイッター、youtubeといった場所では、お金の単位として「1K」や「1M」といった表記をよく見かけますよね。

これっていったい何円なの?

という方は意外と多いですね。

そこで今回はネットスラングとも言える「K」や「M」はいくらなのかを徹底的に解説します。ご参考になれば幸いです。

[temp id=20]

本気で稼ぎたい方におすすめのポイントサイト!まず月5万円を稼ごう! 【楽して稼ぐ】ポイ活に人気のおすすめお小遣いサイトランキング!【2021年最新版】

「1K」はいくら?「10K」は?

結論から言うと、「K」という表記は1,000という数を表します。

つまり、1Kなら1の数字に「0(ゼロ)を3個」なので1Kは千円という事になります。

10Kなら10,000円となります。

キロの示す意味は「1,000」の単位です。重さを示す単位のグラムも1,000グラムになると、1キロと言いますよね。

「K」を使った金額表記の早見表:

  • 1k=1,000(1千)
  • 5k=5,000(5千)
  • 10k=10,000(1万)
  • 100k=100,000(10万)

例えば、youtubeやTikTokの評価欄に10kと書いてあったら、1万人が好評価を押したという事です。

これらは状況によって小数点を用いた表記もあります。例えば:

  • 0.5K=500円
  • 1.2K=1,200円

このように1,000を基準に表記する単位が「K」です。

計算方法はとても簡単で、Kの前にある数字に1,000を掛け算すればOKです。

例えば:1.2Kなら、1.2K×1000=1200円となります。

「1M」はいくら?

結論から言うと「1M」=100万円。

「Kキロ」の一つ上の単位は「Mメガ」になります。キロは「千」、メガは「百万」。

「M」という表記は1,000,000を表します。数字の1に「0ゼロを6個」つける。

そのため1Mは百万円となります。

例えば:

  • 150M:150,000,000円
  • 1.5M:1,500,000円

計算方法も「Kキロ」と同じで、Mの前にある数字に1,000,000を掛け算すればOKです。

どうしてKやMが使われるの?

ではなぜ、KやMでお金を表現するのでしょうか?

これは下記の数字を見ればわかると思います。

  • 1km=1,000メートル
  • 1kg=1,000グラム

要するにK(キロ)は1,000を意味する単位なので、1K円=1,000円という表現から生まれたのですね。

同様にMはMillion(ミリオン)の略で、100万を意味の単位。

M以上の単位には、10億をあらわす「G」、1兆をあらわす「T」などもあります。これらは「G(ギガ)」「T(テラ)」という単位から来ています。

最後に

日常生活中で高い買い物をした際に「諭吉が飛んでいく」などと表現する人がいますね。

これは1万円を表すスラングの一つ、1万円札の絵柄が福沢諭吉であるところから来ています。そこから1万円を1諭吉、2万円を2諭吉などと表現することがあります。

しかし、2024年から1万円札の肖像は渋沢栄一に代わりますね。今後は1栄一や「栄一が飛んでいく」などに表現が変わるかもしれません。

[temp id=20]