楽天モバイルで使えるスマホ端末や対応機種は?つながらないと困るので、乗り換える前にチェック!

2021年1月29日に楽天モバイルは新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」(ラクテン アンリミット シックス)を発表しました!

1GB以下でプラン料金月額0円は凄く魅力的に感じて、楽天モバイルに乗り換えようと思いました。

しかし自分が今持っているスマホは楽天モバイルで使えないと困るので、楽天モバイルで対応機種などを調べました。

今から申し込むと300万名対象で月額基本料金が1年無料!

»楽天モバイル公式はこちら

楽天モバイルが提供している回線

楽天モバイルでは、楽天モバイルで提供している楽天回線パートナー回線の2つの回線があります。

楽天回線は楽天モバイルが自社で基地局などを整備して、提供しているサービス。

パートナー回線は他社(ドコモ・au)から通信回線を借りてデータ通信を提供しています。

LTE Band(LTEで利用できる周波数帯(電波)のこと)でいうと、

  • 楽天の自社回線:LTE Band 3
  • パートナー回線:LTE Band 18LTE Band 26

の3つのLTE bandを使ってサービスを提供しています。

貸してもらっている周波数帯は800Mhz帯(基本)で、800MHz帯はLTE Band 18/26に相当します。

自分のスマホがLTE Band 3に対応しているか

なので、楽天回線を利用するにはLTE Band 3に対応していないと意味がないです。

スマホがLTE Band 3に対応していない場合、楽天回線エリアで楽天回線で通信することができません。

楽天回線で通信できないということは、データ使い放題にならないということです。

LTE Band 26/18に対応していれば、問題なく楽天モバイルで使えますが、パートナー回線になるので、月に5GBまでの上限があります。

なので、楽天回線を利用するには自分のスマホがLTE Band 3に対応していないと意味がないです。

LTE Band 3/18/26に対応しているのに、使えないと判断されてしまったスマホも中にはあります。対応していなかったら買い換えるしかありません。

 

楽天モバイル版しか対応していない機能もある

楽天モバイルで販売されている端末でしか利用できない機能があります。

  • APN自動設定:スマホにSIMを挿すだけでAPN設定を自動でしてくれる機能
  • 接続回線の自動切替(楽天回線⇔パートナー回線):楽天回線エリアでの、楽天回線への自動接続機能。自動接続が出来ない場合、楽天回線エリアでもパートナー回線エリアのデータ容量5GB/月を消費する場合があります。
  • ETWS:緊急地震速報・津波警報の受信・緊急情報発信時の高精度な位置情報測位などの機能
  • 110/119通話などでの高精度な位置情報測位

これらの機能は、楽天モバイルで販売されている端末でしか利用できないです。

楽天モバイルで使える対応機種

自分のスマホがそのまま使いたい方にSIMカードを差し替えて利用できる機種をまとめました。

  • arrows RX
  • Google Pixel 4
  • Google Pixel 4 XL
  • HUAWEI nova 5T
  • HUAWEI P30 lite
  • HUAWEI nova lite 3
  • OPPO Reno3 A
  • OPPO Reno A 128GB
  • OPPO A5 2020
  • Reno 10x Zoom
  • AX7
  • R17 Pro
  • Find X
  • Rakuten mini
  • Galaxy A7
  • Galaxy S10
  • Galaxy Note10+
  • AQUOS R5G
  • AQUOS sense3 lite SH-RM12
  • AQUOS sense3 plus SH-RM11
  • AQUOS sense3 SH-M12
  • AQUOS sense3 plus SH-M11
  • AQUOS zero SH-M10
  • AQUOS R2 compact SH-M09
  • AQUOS sense2 SH-M08
  • AQUOS sense plus SH-M07
  • AQUOS R compact SH-M06
  • AQUOS sense lite SH-M05
  • Xperia Ace
  • Aterm MP02LN
  • Aterm MR05LN RW

基本的に楽天モバイル(MVNO)で販売されていた端末は問題なく利用できます。

今使っている端末を引き継ぎたい方や、別途でSIMフリー端末の購入を検討している方は、機種を確認してみましょう。

楽天モバイル(UN-LIMIT)でiPhoneは使える?

楽天モバイルで正式に動作確認が取れているiPhone機種は、

  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR

の7機種で一部の機能が利用できます。

楽天モバイル公式サイトでは、以上の端末で動作確認済みとされていますが、楽天モバイル(UN-LIMIT)での動作保証外となっています。

また、国内通話料が無料になる「Rakuten Link」は利用できません。アプリ自体がiOS非対応であるため、ダウンロードができないという状態です。

楽天モバイルで販売されている端末を買うのが一番良い

楽天モバイルで販売されている端末を使うのがトラブル無しで一番良いです。

楽天モバイルで販売されている端末を買えば、楽天モバイルで提供されている機能が全て使えますし、データ通信、音声通話、テザリングが可能です。

楽天モバイルで動作確認されている他社のGalaxyも、突然データ通信や音声通話ができなくなってしまう可能性もあります。

楽天モバイルでおすすめのスマホ端末

楽天モバイルでおすすめのスマホ端末を、価格帯によって以下の2つに紹介します。

高性能のスペックを重視(5万円以上)

スペック重視の方は5万円以上でCPU・メモリなどの性能が高い機種を3つご紹介します。

1位:Galaxy Note10+

「Galaxy Note 10+」は、手書きに特化した端末です。「Sペン」を利用して本物の紙とペンと同じような書き心地を実現しました。

楽天モバイルでの価格は115,273円(税別)です。

Galaxy Note10+のスペック表:

サイズ約162.3×77.2×7.9mm
重さ約197g
ディスプレイ6.8インチ 3,040×1,440(WQHD+)
有機EL
メインカメラ1,600万画素(超広角)
+1,200万画素(広角)
+1,200万画素(望遠)
インカメラ1,000万画素
バッテリー4,300mAh
CPUSnapdragon 855
RAM/ROM12GB/256GB
防水/防塵
おサイフケータイ
生体認証指紋認証/顔認証

2位:AQUOS R5G

最近AQUOSから発売されたばかりの「AQUOS R5G」です。5G対応機種となっています。

8K画質で撮影することができる4眼カメラや10億色を再現する鮮やかなディスプレイが搭載されているなど、非常にハイスペックな端末と言えます。

楽天モバイルでの価格は117,091円(税別)です。

AQUOS R5Gのスペック表:

サイズ約162×75×8.9mm
重さ約189g
ディスプレイ約6.5インチ Pro IGZOディスプレイ
10億色
3,168 × 1,440ドット クアッド HD+
リッチカラーテクノロジーモバイル
アウトドアビュー
のぞき見ブロック(ベールビュー)
リラックスビュー
メインカメラ4,800万画素(超広角)
+1,220万画素(広角)
+1,220万画素(望遠)
TOFレンズ
インカメラ1,000万画素
バッテリー3,730mAh
CPUSnapdragon™ 865 5G
RAM/ROM12GB/256GB
防水/防塵
おサイフケータイ
生体認証指紋認証/顔認証

 

3位:Galaxy S10

Galaxy Note10+より少しコンパクトでSnapdragon 855と8GBメモリを搭載。

ゲームも快適に遊べる基本性能の高さだけでなく、迫力のサウンドが楽しめるステレオスピーカー、画面に指を置くだけでロックを解除できる「画面内指紋認証」、ブレのないプロのような動画を撮れる「スーパー手ぶれ補正」などの多彩な機能が魅力です。

楽天モバイルでの価格は90,728円(税別)です。

Galaxy S10のスペック表:

サイズ約149.9×70.4×7.8mm
重さ約157g
ディスプレイ6.1インチ 3,040×1,440(WQHD+)
有機EL
メインカメラ1,600万画素(超広角)
+1,200万画素(広角)
+1,200万画素(望遠)
インカメラ1,000万画素
バッテリー3,300mAh
CPUSnapdragon 855
RAM/ROM8GB/128GB
防水/防塵
おサイフケータイ
生体認証指紋認証/顔認証

価格と性能両方重視(5万以下)

価格と性能のどちらも大事という人向けのスマホ端末。

1位:OPPO Reno A

価格と性能のバランスで選ぶなら、おすすめは「OPPO Reno A」です。3万円台はSIMフリースマホでは一番売れ筋の価格帯と言われています。

楽天モバイルでの価格は35,273円です。

OPPO Reno Aのスペック表:

サイズ約158.4×75.4×7.8mm
重さ約169.5g
ディスプレイ6.4インチ 2,340×1,080(FHD+)
有機EL
メインカメラ1,600万画素
+200万画素
インカメラ2,500万画素
バッテリー3,600mAh
CPUSnapdragon 710
RAM/ROM6GB/128GB
防水/防塵
おサイフケータイ
生体認証指紋認証/顔認証

2位:AQUOS sense3 lite

手頃な機種で「安心」を重視するなら、「AQUOS sense3 lite」がおすすめ。楽天モバイル限定の機種で、価格は28,319円です。

国内メーカー製という安心感があります、さらに販売後のアップデートにも力を入れていて、発売日から2年間のOSバージョンアップを保証しているので、長く快適に使い続けられます。

AQUOS sense3 liteのスペック表:

サイズ約147×70×8.9mm
重さ約166g
ディスプレイ5.5インチ 2,160×1,080(FHD+)
IGZO液晶
メインカメラ1,200万画素
インカメラ800万画素
バッテリー4,000mAh
CPUSnapdragon 630
RAM/ROM4GB/64GB
防水/防塵
おサイフケータイ
生体認証指紋認証/顔認証

3位:OPPO A5 2020

使い方や予算によっては「OPPO A5 2020」もおすすめです。楽天モバイルでの価格は26,182円。

5,000mAhの大容量バッテリーによる電池持ちの良さ、超広角で広大な風景も写真に収められるクアッドカメラが特徴です。

OPPO A5 2020のスペック表:

サイズ約163.6×75.6×9.1mm
重さ約195g
ディスプレイ6.5インチ 1,600×720(HD+)
TFT液晶
メインカメラ1,200万画素(カラー)
+800万画素(超広角)
+200万画素(ポートレート)
+200万画素(モノクロ)
インカメラ1,600万画素
バッテリー5,000mAh
CPUSnapdragon 665
RAM/ROM4GB/64GB
防水/防塵×/○
おサイフケータイ×
生体認証指紋認証/顔認証

今から申し込むと300万名対象で月額基本料金が1年無料!

»楽天モバイル公式はこちら

 

気軽に始められる副業として人気を集めるポイントサイトを本気で厳選!