楽天アフィリエイトの仕様は大幅変更!変更内容は?改善?それとも改悪?!

「楽天市場」を運営する楽天が、アフィリエイトサービス「楽天アフィリエイト」の内容を2019年4月1日から大幅に変更することにしました。

アフィリエイターの間で話題となっています。その中に「改悪では?」という声が多いようです。

今回の変更改悪なのでしょうか、それとも改善なのでしょうか?

楽天アフィリエイトとは?

楽天アフィリエイトとは、「楽天市場」が運営するアフィリエイトシステムのこと。

楽天市場の商品を紹介して、クッキーが有効な間に商品が購入されたら、購入された商品金額の1%がアフィリエイト報酬として支払われます。

アフィリエイト報酬は楽天スーパーポイントとして支払われ、3000ptから現金化できます。

いままで、アフィリエイトリンクのクッキーが30日間有効なので、紹介した商品以外の商品を購入しても報酬が発生することが多々ある仕組みです。

楽天アフィリエイトサービスの変更内容

今回の改定内容のうち、影響が大きいと思われる箇所は以下の通りです。

料率がショップごとから商品ごとへ、ジャンル別(2~8%)になる

これまで各ショップごとに定められた料率とパートナーランク別の料率が適用されています。

例えば同じ商品を紹介するにしても、ショップが違えば受け取る報酬も違うため、料率が高いショップを中心に紹介してきた人もいるでしょう。

4月1日からはアマゾンのように、どこのショップで買っても同商品同料率になり、成果報酬は1商品につき1000ポイントが上限と定められます。

料率ランクの終了

いままでは売上額に応じ、5段階の料率ランクに振り分けられ、一部のショップでは高ランクのアフィリエイターほど同じ商品を売っても高い料率が掛けられていました。

4月1日からは料率体系の変更に伴い、各パートナーへの料率ランクの付与もなくなります。

料率適用基準

4月1日からは「経由したリンク」ではなく「購入した商品」の料率が適用されるようになります。

例えば、料率10%のショップAのリンクで商品を紹介しても、同ショップ以外で購入された商品は最低料率の1%が適用されています。

4月1日以降は経由したリンクの種類に関係なく、最終的に売上が発生した商品のジャンルごとに2%~8%の料率が適用となります。

アフィリエイトリンクをクリック後の有効期限

クッキーの有効期限が30日から24時間になりました。

つまり、24時間以内に「買い物かご」に追加され、89日以内に購入された商品だけが成果対象となります。

新制度は楽天市場と楽天ブックスのみが対象です。楽天トラベル等の楽天市場以外のショップは4/1以降も現行制度のままです。

楽天アフィリエイトのサービスの改定は改善?それとも改悪?

商品の料率が大幅アップすることで、低ランクの人には改善かも?

今回の変更は、商品の料率は最低料率が1%から2%に引き上げられますし、商品ジャンルによっては従来なら高ランクのパートナーじゃないと適用されなかった料率の対象になれるので、

「楽天アフィリエイトは取りあえず貼ってるだけ」という人や、「パートナーランクが全然上がらない」という低ランク人には改善かも知れません。

クッキーの有効期限が短くなりすぎで改悪?

楽天アフィリエイトのクッキーが長かったので、人気を集めているわけです。

広告をクリックさえしてもらえれば報酬が発生する可能性があるからこそ、初心者でも手を出しやすかったです。

今回の改定でその大きなメリットが潰れてしまい、今後の楽天アフィリエイトはかなり稼ぎにくくなると思います。

高ランクを維持していた人には改悪?

楽天アフィリエイトの特徴でもあった料率ランクは、売れば売るほど、優遇されるが、4月からの改定により廃止され、全ユーザー横並びでの再スタートとなります。

高ランクを維持していた人にとって、今回の改定はかなり痛いですよね。

最後に

今回のサービス変更は、楽天市場のショップや楽天ブックスでの購入が対象となり、楽天トラベル等、楽天市場以外のショップの料率、トラッキング方式には4/1以降も現行制度のままです。

この楽天アフィリエイトサービスの変更がどのように影響するのかはまだ未知数です。

改悪になるのか、改善になるのかはサイトで取り扱う商品ジャンルや売り方などによって大きく変わるからですね。