ダイソー(DAISO)でPayPay(ペイペイ)が使える!支払い方法や使い方をチェック!

日本は空前の「ペイ”戦国時代」に突入していますね、その中でもっとも勢いのあるペイは「PayPay」ですね。

凄いのキャンペーンや特典を武器にPayPayを使えるお店は続々と増加しています。

ついに、2019年10月1日(火)よりPayPayがダイソーの全国直営店で利用できるようになりました。

 

気軽に始められる副業!稼げるポイントサイトを本気で厳選!

ダイソー(DAISO)でPayPayだけがを使える

ダイソーでPayPayが使えるようになったのは、2019年5月27日からです。その時、広島市の2店舗(広島八木店・横川駅前店)しか使えません。

全国3,367店舗でPayPayを使えるようになったのは2019年10月1日からです。

ダイソーがスマホコード決済を導入しているのはペイペイのみです、他のスマホQRコード決済はまだ使えません。

ペイペイで支払いすると還元率は0.5%、さらに毎月30回以上使う&毎月5万円以上決済すれば1%となっています。

ダイソーでのPayPay支払い方法・使い方

PayPayでの支払い方法は、コード支払いとスキャン支払いの2種類があります。筆者の近所のダイソーでは自分で金額を入力する「ユーザースキャン」となります。

お支払いの時にレジの店員さんに「PayPay(ペイペイ)で」と伝えましょう!どちらの支払い方法になるかは、店員さんに聞いてみてください。

コード支払いの方法

  1. スマホのPayPayアプリを起動する。
  2. コード支払い用のコードがホーム画面に表示されているので、そのまま店員さんに見せる。
  3. バーコードリーダーでコードを読み取ってもらう。

スキャン支払いの方法

  1. スマホのPayPayアプリを起動する。
  2. スマホカメラでレジに置いてあるダイソー専用のQRコードをスキャンする。
  3. 支払い入力画面になるので、商品の金額を入力し、お店の人に確認してもらい、「支払い」ボタンを押す。

必ず店員さんに金額入力画面を見せながら「支払い」ボタンを押しましょう。これで支払いは完了です。どちらもとても簡単ですね。

買い物履歴も記録されるので、いつどこで使ったかが一目瞭然です。

PayPayでは、PayPayユーザー同士で送金も可能なので、友達同士での支払いのやり取りにも便利です。

ダイソーでの支払い方法

ダイソーでは、どんな支払い方法があるのかをまとめました。ダイソーは店舗により利用できる支払い方法の種類は異なります。

  • 現金
  • クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB・AMEX・Diners・UnionPay)
  • デビットカード
  • プリペイドカード(kyash、dカードプリペイド、au PAY プリペイドカード、LINE Payカード、ソフトバンクカードなど)
  • PayPay (2019年10月より直営店全店で利用できる)
  • タッチ決済(iD、QUICPay、Apple Pay、Google Pay)※一部の直営店のみ利用可能
  • WAON (イオン内の店舗が多い)
  • nanaco (イトーヨーカドー内の店舗に多い)
  • QUICPay
  • Union Pay
  • 交通系電子マネー
  • docomo iD
  • 楽天スーパーポイント (コーナンに併設された店舗のみ)

に対応しています。ほとんどの店舗ではPayPayが使えます。0.5%還元があるのでおススメです。

最後に

ダイソーではいままでクレジットカードや電子マネーなどが使えません、現金のみです。

それがPayPayを使うと常時0.5%還元となるので、これはお得と言えます!

積極的にPayPayを使うのがオススメですよ。

 

気軽に始められる副業!稼げるポイントサイトを本気で厳選!