お役立ち情報

12月PayPay(ペイペイ)・d払い・au PAYの改悪まとめ!改悪の対策もチェック!【2022最新】

スマホ決済サービスの改悪が相次いでいますね。

今回は2022年12月以降、PayPay・d払い・au PAYの改悪内容をまとめました。又は改悪の対策も解説しますので、ぜひご参考にしてください。

筆者が今ポイントサイトで月6桁の収入を安定して稼げるようになりました!
おすすめのポイントサイトランキング!【実績あり】

【改悪】au PAYカードからau PAYの残高チャージの還元率が0%に!2022年12月1日から

au PAYカードはau PAY残高チャージのポイント還元率はこれまで1%還元だったものが、2022年12月1日から付与対象外で0%となります。

au PAYカード au PAYゴールドカード
2022年11月まで 1% 1%還元+ゴールド特典1% = 合計2%
2022年12月から 0% ゴールド特典1%のみ

さらに、通信料金をau PAYカードで支払いしている場合の「auかんたん決済」(通信料金合算)でのチャージはスタンダードでもゴールドでも、ポイント「0」になります。

ただ、au PAYの基本還元率0.5%は継続されます

【改悪】d払い×dカードポイント還元率が1.5%から1%にダウン!2022年12月10日から

d払いはdカードを紐付けして支払いをするとポイント2重取りができて、とてもお得でした。

つまり、d払いの基本還元率は0.5%、dカードの基本還元率は1%となり、合わせて利用すると1.5%還元でした。

2022年12月10日からd払いとdカードの還元が合計1%にダウンされました。

これまで 2022年12月10日から
d払い0.5%(税込200円につき1ポイント)
dカード1%(税込100円につき1ポイント)
合計1.5%(税込200円につき3ポイント)
d払い0.5%(税込200円につき1ポイント)
dカード0.5%(税込200円につき1ポイント)
合計1.0%(税込200円につき2ポイント)※dカードポイントは対象外となります

また、ポイント還元対象となるd払いの支払い方法に設定できるカードは、「dカード」「dカード GOLD」となります。dカードプリペイドは対象外となります。

この変更はコード決済・ネット決済・モバイルオーダーが対象となります。

【改悪】PayPayステップの達成条件5万円が10万円に!

「PayPayステップ」は2022年6月に条件が改悪になったばかりですが、2022年12月にさらに改悪します。

上図はわかりにくいですが、改良点と改悪点を簡単にまとめると以下の通り。

  1. PayPayカード利用時も条件達成で+0.5%
  2. あと払い登録で+0.5%
  3. PayPayカードもPayPayステップの対象
  1. 対象サービス利用での0.5%が0
  2. PayPay決済での0.5%が
  3. PayPayカード還元1.0%→0.5%に変更
  4. 30回5万円利用で+0.5%→30回10万円利用で+0.5%に変更

PayPayでの決済を30回かつ10万円以上利用するのは難しいですね。

PayPay残高での支払いの還元率は基本的に0.5%と考えればいい、条件達成のために無理をすると「ただ無駄使いしただけ」という結果になります。

改悪の対策について

楽天ペイを使う

改悪の対策として、楽天ペイを使うのもよさそうです。

楽天カードが必要ですが、「楽天キャッシュ」チャージと利用で、合計1.5%を維持しています。

更にファミペイと併用して最大4%還元も!

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

楽天ペイは最強!ファミペイと併用して最大4%還元?!お得な使い方は?【2023最新】 スマホ決済Payといえば加入者数No.1の「PayPay」や、「楽天ペイ」、「ファミペイ」などがあります。 実は「楽天ペイ...