PayPayボーナス運用のコツとは?口コミや評判!引き出すタイミングやノーリスクで運用裏技もチェック!

皆さん、PayPayを利用していますか?

PayPayを利用しているとPayPayボーナスがもらえますね。このPayPayボーナスをどう使いますか?支払いに使う?それとも貯めておく?

実はPayPayボーナスで疑似的な投資運用体験ができます。

貰ったPayPayボーナスが少ないですが、運用すれば、「塵も積もれば山となる」といった感じで、結構稼げますよ。

PayPayボーナス運用がそもそもどんなもの?

PayPayボーナス運用って儲かるの?

PayPayボーナス運用を始めようか迷う。

このような疑問をお持ちの方が多いと思います。

この記事で解説して行きますので、ぜひご参考にしてください。

 

気軽に始められる副業!稼げるポイントサイトを本気で厳選!

PayPayボーナス運用とは?

PayPayボーナス運用とは?

PayPayボーナス運用は、PayPayで支払うと貯まるPayPayボーナスを使って、疑似的な投資を体験できるサービスのことです。

ユーザーは、あらかじめ用意された運用コースを選択し、手持ちのPayPayボーナスを投じます。運用コースは実際の投資商品の値動きに連動しており、それに合わせて、投じたPayPayボーナスが増えたり減ったりします。

実際に投資商品を購入しなくても、疑似的な運用体験がてき、証券口座を開く必要もなく、簡単な手続きだけで始めることができます。

さらにポイントは増えた分も含めて支払いに使える状態に「引き出す」ことが可能です。運用や引き出しには手数料はかかりません。

2020年4月15日からサービスを開始して、わずか90日で、運用者数100万人を突破し、投資界隈ではちょっとした話題になりました。

今現在すでに300万人以上が運用しています。

PayPayボーナス運用に選べるコースは2種類

PayPayボーナス運用には上がり下がりの激しい「チャレンジコース」と緩やかな「スタンダードコース」2種類があります。

「チャレンジコース」は「DIREXION S&P 500 3X(SPXL)」に連動してS&P500の3倍の投資成果を目指すETF(上場投資信託)で、リターン・リスクは高いです。

「スタンダードコース」は「SPYSPDR S&P500 ETF」に連動して、米国を代表する企業500社に分散投資するETF(上場投資信託)で、長期投資に向いています。

PayPayボーナス運用のメリットとデメリット

PayPayボーナス運用のメリット

  1. 口座開設が不要:PayPayボーナス運用は従来の証券口座の開設のような書面による同意や本人確認書類の提出などは一切必要ありません。
  2. 1ポイント(1円)から運用可能です。(楽天ポイント運用だと、最低でも100ポイントが必要)
  3. いつでもポイントを出し入れできます。
  4. ボーナス運用は手数料が一切かかりません。
  5. ポイント運用なので、未成年でも始められます。
  6. QuickPointというポイントサイトを使えばノーリスクでの投資が可能です。

PayPayボーナス運用のデメリット

  1. PayPayボーナスしか運用できない:PayPay残高には、PayPayボーナスを含めて全部で3つの種類がありますが、このうち運用できるのは、PayPayボーナスのみです。(PayPayボーナスライトは2021年2月1日から廃止されました)
  2. PayPayボーナス運用で利益が出たとしても、増えたPayPayボーナスを現金化できません。PayPay残高として商品購入時に使えます。
  3. PayPayボーナス運用は投資ですので、PayPayボーナスが減るリスクがあります。

PayPayボーナス運用の評判&口コミ!稼げる?!

ツイッターでPayPayのボーナス運用における口コミを調べてみました。

利用者
利用者

PayPayボーナス運用益やっと1000円台いったー!ほかのポイント運用しててもこんなに運用益良くないから、これでも充分凄い!

利用者
利用者

完全に気づくのが遅かったけどPayPayのポイント運用って最高すぎん?しかも無料ってすごい。

①日常的にPayPay使う!→勝手にポイントが貯まる
②無料同然のポイントを投資!→ S&P500で運用/増やせる
③自動積立機能で手間要らず!→お釣り感覚で再投資できる

利用者
利用者

PayPayでもポイント運用が使えるように!投資未経験でも、1円からなら気軽に始められますね。引き出しが即時反映なのも、隠れたメリットだと思います。

利用者
利用者

PayPayのボーナス運用に、もらえるポイントを全額入れてたら順調に結構増えてるではないか。

口コミをみると、1円から運用ができるところ、さらに出し入れが自由な部分は高評価でした。

さらに多くの人が高パフォーマンスを出しています!結構稼げるのが事実です!

筆者が2020年7月ぐらいからの約1年間運用して、途中で一部引き出したりもしましたが、元本155,256円分に対して「185,869円」。

運用し続けた結果+30,613円(+19.7%)という結果になりました。

PayPayボーナス運用のコツ&ノーリスクで運用裏技

筆者が約1年間運用して、考えたPayPayボーナス運用のコツやノーリスクで運用裏技をご紹介します。

普段の買い物はできるだけPayPay残高で支払う

普段の買い物はPayPay残高で支払うことで、PayPayボーナスをたくさん貰えます。貰ったPayPayボーナスをすべて運用に回します。

例えば、コンビニなどで飲み物を現金で支払っている方は、PayPay支払いに変えるだけでも毎月数十円~数百円単位でポイントの入手量に差が出てきます。

ボーナスポイントは自動で追加する設定にする

PayPayボーナス運用の自動追加機能は、あらたにPayPayボーナスが付与されたタイミングで自動追加できる機能です。

ボーナスポイントは自動追加の設定をしておけば、貰ったPayPayボーナスを毎日自動でボーナス運用に追加できます。「入金を忘れて使ってしまった」みたいなことを防げます。

自動追加の設定手順:

  1. ボーナス運用のホーム画面の [その他]をタップ
  2. その他内の [自動追加設定]を選択
  3. 自動追加設定をしていない状態だと[自動追加なし] にチェックがついてます。」
  4. 自動追加設定をしたい [該当コース]を選択
  5. 内容を確認し [自動追加する]を選択
  6. 自動追加設定が完了

チャレンジコースで運用

チャレンジコースは上がり下がりの激しいですが、ポイントですし、利益が出るかもとワクワクします。

QuickPointを利用してノーリスクで運用

QuickPointはベクターが運営するポイ活サイトです。QuickPointを使うとPayPayボーナスがザクザク貯まることができます。

QuickPointについて下記の記事を参考にしてください。

下記リンクから登録すると最大1万円相当が当たるスクラッチが2枚プレゼントされるので、ぜひ活用してみてください。公式サイトから普通に申し込むとスクラッチは1枚だけです。

»「QuickPoint」に無料登録

ポイントサイトを利用してノーリスクで運用

実はポイントサイトを利用して貰ったポイントはPayPayのボーナスに交換できます

PayPayボーナスを貯めるおすすめポイントサイトはポイントインカムモッピー

ポイントインカムとモッピーで貯まったポイントはPayPayのボーナスに交換できます。

PayPayボーナス運用の引き出すタイミング

PayPayボーナス運用でポイントを引き出すタイミングは、原則としてありません

どうしても使いたいなら、引き出してもいいですが、できるかぎりポイントを引き出さないほうが良いです。

なぜなら、株式インデックスは長期運用でプラスリターン、しかも、SPXLはレバレッジ3倍=リターン3倍だからです。

最後に

PayPayボーナス運用のような積み立て投資は早いタイミングではじめて、長期間にわたって運用することが大事です。

少しでも早く始めればそれだけで有利なので、PayPayボーナス運用を始めようか迷う方はぜひこの機会にPayPayボーナス運用を始めましょう!

ノーリスクで始めたい人はさきほど紹介したQuick Pointポイントサイトを上手く利用してくださいね。

 

気軽に始められる副業!稼げるポイントサイトを本気で厳選!