電子マネーって一体なに?ポイント二重取りで「お得な」活用術は?

いつの間にかお財布の中の小銭が増え、お財布がパンパンで、お会計のときにぴったりの小銭を出そうと一苦労・・・そんな経験は誰しもあると思いますね。

電子マネーなら小銭を持ち歩かなくて済みます、お会計のときは電子マネーを専用の機器にかざすことで、1秒で決済が完了!とても気持ちがいい!

それだけでなく、電子マネーを使うだけで、楽しく節約をすることが出来ますよ。

ここでは、そんな電子マネーの活用術をお教えします。

 

電子マネーって一体なに?

電子マネーとはあらかじめチャージまたは自動でチャージしたカードなどで支払いをすることが出来る電子のお金のことです。

チャージとは入金するという意味です。お金を電子的に足してあげるのです。

 

プリペイド型タイプとポストペイ型タイプ

電子マネーには、大きく分けて2種類あります。

先払いでチャージしておくタイプのものをプリペイド型、クレジットカードで後払いするタイプのものをポストペイ型と呼びます。

 

プリペイド型タイプ

先払いでチャージして使うタイプがプリペイド型タイプ、全国で30種類以上あります、驚きの数ですね。

交通系はSuica(スイカ)、PASMO(パスモ)、ICOCA(イコカ)が有名です。

買い物で利用するとなると、楽天Edy(エディ)、WAON(ワオン)、nanaco(ナナコ)が有名です。

イオンでWAON、セブン−イレブンでnanacoを使いこなしている方も多いと思います。

 

ポストペイ型タイプ

あらかじめチャージの必要がなく、後でクレジットカードから利用金額が引き落とされるのがポストペイ型タイプです。

iD(アイディ)、QUICPay(クイックペイ)、PiTaPa(ピタパ)などです。あまり聞いたことがありませんね、今の時代は、プリペイド型タイプが主流になっていますからね。

 

電子マネーのココが便利

一番利用する機会が多い場所というとやはり電車ですね。

駅の自動改札機では、定期入れにICOCAなどを入れておけば定期入れを改札機にタッチするだけで入出場することができます。

また、クレジットカードのようなサインの手間もありません。電子マネーを使うことで、時間と手間の両方が省けるといえそうです。

楽天Edyは最大4カ月分の利用履歴をパソコンやスマホで確認できるなど、利用履歴がわかるサービスもあるので、レシートと同じように後から使った金額がわかってとても便利です。

 

電子マネーのおトクな使い方は

実は電子マネーは、クレジットカードととても相性がよいのです。クレジットカードから電子マネーにお金をチャージするだけで、ポイントがいただけます。

また、多くの電子マネーでは、支払った金額の一部がポイントとして還元されます。

例えば、セブン・イレブンをはじめとするセブン&アイグループや、グループ外の一部店舗でも使えるnanacoは、お買い物100円(税抜)につき1ポイントつき、さらに特定の商品に期間限定で設定されるボーナスポイントがあります。

nanacoカードを使えば使うほどポイントが貯まり、貯まったポイントは1ポイント=1円の電子マネーに交換することができます。

つまり、食材を買ったりランチといった日常生活に欠かせない行動でどんどんポイントが貯まり、それがお金になってしまうというわけです。

 

電子マネーと相性の良いおすすめのクレジットカード

たくさんある電子マネーと相性のいいクレジットカードの中で、特におすすめのクレカはこちらの2種類です。

楽天Edyは楽天カード

151124d1

楽天カードと楽天Edyが一体になったカードです。

Edyにチャージするだけで、200円につき1ポイント(還元率0.5%)貯まります。

楽天Edyをおサイフケータイで使うと、楽天EdyだけではなくPontaポイントやTポイントなどから選ぶことが可能です。

楽天市場をよく利用する方は、楽天スーパーポイントをEdyに交換すれば色んなお店で使えますので、とても便利です。

 

nanacoはセブンカード・プラス(nanaco一体型)

151124d2

 

クレジットカードとnanacoが一体になったカードがセブンカード・プラスです。

nanacoにチャージすると200円(税込)につき1ポイントがつきます。

nanacoで支払いをすると100円(税別)につき1ポイントがつきます。

セブン−イレブンやイトーヨーカドーによく行かれる方は、チャージして使うだけで約1.5%の還元率になります。

 

管理人

電子マネーを使いこなして、ポイント2重取りでとてもお得!

毎日のちょっとしたお買い物でこつこつポイントを貯めていけば、気付いたときには大きなポイントになってしまいますよ!少しでもおトクに、楽しく買い物ライフを送りたいですね。