ポレットカード(Pollet Visa Prepaid)でハピタスポイントの現金化が容易に!

ポイントサイトハピタス最大のデメリットは、月間3万円の換金制限ですね。

しかし2017年3月にPollet(ポレット)の登場で、この弱点が一気に解消され、ハピタスポイントが月間33万円まで有効活用可能となりました。

つまり

  • 口座振り込みで現金換金の限度額が月間3万円。
  • Polletへチャージが月間30万円

 

ポレットカード(Pollet Visa Prepaid)とは?

「Pollet(ポレット)」は、「ハピタス」の運営会社である株式会社オズビジョンの子会社「Pollet株式会社」が運営しているプリペイド型VISAカードです。

つまりあらかじめチャージしておくことで、残高の範囲で買い物に利用できるカード。

クレジットカードとは違い、入会の際に審査が必要ないので、収入が無い学生の方でも利用することが出来ます。

コンビニ、スーパー、ネット決算全般、国内外4,000万店舗のVISA加盟店で利用することが出来ます。

 

Pollet(ポレット)のメリット

  • 発行手数料、年会費、送料などはすべて無料
  • カード発行、維持に費用もかかりません
  • チャージするたびに、0.5%のバリューが上乗せされる
  • 残高の上限は100万円
  • 使い過ぎを防止!クレジットカードが嫌いの方に最適!

 

Pollet(ポレット)のデメリット

ポレットカードは、盗難・紛失の場合、補償がありません。セキュリティ面ではデメリットとなります。

Pollet(ポレット)有効期間は発行から5年間、有効期限が満了になったカードの残高は、1年で有効期限が満了となり失効します。

しかしカード残高が1円以上で、有効期限の一年以内に利用されている場合、自動的に登録した住所へ新しいカードが発送されます。

Polletを使っていれば問題ないのですが、使わなくなったらチャージ額が無くなる可能性もあるということです。

 

Pollet(ポレット)のチャージする方法

1、ハピタスで貯まったポイントをチャージするのが主な方法になります。

ハピタスポイントの交換は、月に3万ポイントまでという上限がありますが、ポレットへのチャージなら、33万ポイントまでに引き上げられます。

またポイントインカムからもチャージできます。

2、クレジットカードからチャージすることもできますが、手数料として300円かかります。

3、ペイジー(Pay-easy)からチャージすることもできます。手数料300円が必要です。

 

最後に

Pollet(ポレット)はアプリから簡単にチャージ・管理等できる点がとても便利です。チャージ出来る上限が100万円までなので、高額商品を購入することも可能です。

ハピタスを活用してポイントが多く貯まっている方に最高なカードです。

85

ここから登録すると30ポイントが貰えますよ!!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

ページTOPへ