アンケートサイトで稼ぐ時の注意点

企業はお金を払ってアンケートサイトへ調査を依頼して、そして私達がそのアンケートを回答することによって、企業の商品やサービスの開発、改良にお役を立つことができます。

いい加減な回答したら、お役を立つことができませんね、アンケートサイトでは、企業からの信頼を守るために、デタラメな回答が無いか、回答したアンケートをしっかりチェックしています。

ですので、デタラメな回答とみなされたら、アンケートの配信を停止されてしまう恐れがあります。

アンケートサイトで稼ぐ時に気を付けたいことが幾つがあります。

 

登録情報と回答は矛盾するのではないか?

アンケートサイトに登録した情報とアンケートに記入した情報に違いがありませんか?状況が変わった場合などは必ず登録情報変更をしましょう。

登録情報と回答内容で矛盾が多い場合、アンケートの配信を停止される場合があります。

例えば、アンケートサイトに最初に登録したときの登録情報では「既婚」になっているのに、アンケートで「未婚」と回答してしまったら、回答が無効になります。

 

事前調査と本調査での回答は違ってませんか?

事前調査は本調査を依頼する方を選ぶために行われています。アンケートの回答が大きく違っていては意味がありません。

例えば、事前調査にて「お酒を飲む」と回答しましたが、本調査では、「お酒は飲まない」と回答してしまう場合、回答が無効になります。

 

回答内容の明らかにおかしいではないか?

自由回答欄には「aaa」や「あああ」などで埋めたり、アンケートの内容に関係のないことを書くと不正回答とみなされる場合があります。

またひっかけ問題みたいなものがあって、ついつい読み流してしまって、同じ場所にチェックがついていないかを気を付けましょう。

 

例えば、「買い物がすき」 と 「買い物がきらい」  両方をチェックしてしまう。

 

最後に

1度や2度の間違いは誰にでもある事なので、ちゃんとアンケートに回答していれば大丈夫です。

しかし回答内容に著しい矛盾があった場合、アンケートの配信を停止されるだけでなく、モニター資格の一時停止や、取り消しをされることもありますので、一応頭に入れておきましょう。

 

 

サブコンテンツ

ページTOPへ