アフィリエイト広告の種類を把握して大きく稼げるようになる!

アフィリエイトの広告にはいろいろな種類があります。広告の種類によって、報酬が貰える条件も変わってきます。

アフィリエイトで使用する広告には大きく分けて4つがあります。

  • 成果報酬型広告
  • クリック報酬型広告
  • インプレッション保証型広告
  • 貼るだけ広告

 

成果報酬型広告

成果報酬型広告は広告を経由して誰かがお買い物や資料請求するなど、成果があった時に報酬を貰うことができます。

この成果報酬型広告は、大きく稼ぐことができるといったメリットも有りますが、成果が出るまでに時間がかかるし、コピーライティングスキルも必要です。アフィリエイト初心者にはあまりおすすめできません。

大きく稼ぎたいなら、使用すべき広告です。

 

クリック報酬型広告

クリック報酬型広告は広告のリンクをクリックして貰うだけで報酬が発生する広告です。

クリック保証型広告は、大きく稼ぐことは難しいですが、商品を販売するわけではなく、広告を誰かがクリックしてくれれば報酬が発生しますので、アフィリエイトを開始してすぐに報酬を手にすることができます。

アフィリエイト初心者が扱うには最もおすすめする広告です。

 

インプレッション保証型広告

インプレッション保証型広告とは、広告が表示されるたびに報酬が発生する広告です。

商品やサービスを販売することも必要ありませんし、広告をクリックして貰う必要もありません。媒体に訪問してもらうだけで報酬を手にすることができます。

アフィリエイト初心者さんや、広告をクリックされにくいブログにおすすめです。「PV広告」や「PV報酬広告」なんて呼ばれたりもしています。

 

貼るだけ広告

貼るだけ広告は、バナーを貼るだけで報酬が貰える期間限定のキャンペーン広告の通称です。

貼るだけ広告の中には、バナーを貼った後に報酬を貰うために条件がある場合が多いですが、「1回以上のクリック」など、その条件も簡単なものが多いので、アフィリエイト初心者さんにおすすめです。

 

まとめ

アフィリエイトで大きく稼ぎたいなら、まずはクリック保証型広告を扱って、集客などを学びながらある程度のスキルを学んでから、成果報酬型広告を利用して大きく稼いでいくことをおすすめします。